ジルコニアで美しく

B8FDB8B52.jpg

自然で美しい歯に生まれかわるような感覚。

 

ジルコニアってどんなもの?

01.jpg

美しいと        

聞いことがあるけど、

どんなものでしょう。

 

 

 

02.jpgジルコニア (酸化ジルコニウム)は軽くてとても丈夫なセラミックです。

耐熱性もあることからスペースシャトルの外壁にも

使用されています。

 

 

 

03.jpg

体の中にずっと入れていても安心な素材です。

 

 

 

CAD/CAMで作る

04.jpg

CAD/CAMのコンピューター上で歯のデザインをします。

一本の冠もブリッジはもちろん、ミクロ単位での設定が可能です。

 模型のスキャンからデザイン・設計をした後、

コンピューターがジルコニアの削り出しを行います。

 

自然な歯

 

A5B8A5EBA5B3A5CBA5A2A4CEBFA7.jpgこれまでの金属の上にセラミックを焼き付けたものはどうでしょうか。

金属のフレームが見えてきたり、

歯肉が黒ずんできたり、

いかにもさし歯風であったり、

そんな歯を見かけたことはどなたでもあるのではないでしょうか?

(写真上)

 

丈夫で色の良いジルコニアのフレームと

セラミックの組み合わせでこれらの問題は解決されます。

(写真下)

 

 

 

 

透明感

裏から光を当てるとこんな感じです。

B8F7A4F2C4CCA4B9m.jpg

 思い切って新しい素材に替えて、このようになります。

A5D6A5E9A5C3A5AFA5E9A5A4A5F3m.jpg


ファイバーのコア

このように芯から透明感が発揮されるのは

金属の芯ではなくファイバーのコアを入れてあるからです。

fiber-a.jpg